ホーム > 同窓会について

同窓会の主な取り組み

同窓会では、本学の発展に寄与することを目的に、会員相互の親睦を図るため下記のような活動をおこなっております。

  • 会員名簿の管理等
  • 会誌及び出版物の発行
  • その他本会の目的達成に必要な事業等

同窓生の皆様へ

会長 木村 篤詩

会員の皆様には、ますますご健勝でご活躍のことと心よりお慶び申し上げます。また日頃より母校の発展に対しましてご理解とご支援を賜り厚く御礼申し上げます。

北海道情報大学は「情報化社会の新しい大学と学問の創造」という理念のもと、平成元年に開学しました。開学当時は、『情報』という言葉も世間にはあまり知られておらず、多くの人にとってコンピューターはテレビや映画の世界のものでした。当時IT技術者はまだ少なく、プログラマーやシステムエンジニアなどは、それこそ頭に「?」が浮かぶ職種職業でした。

そんな時代に、我々は最先端の授業を受け、時代の先駆けとなった自負があります。
あれから26年、技術の進歩は目覚ましく、今では、誰もがパソコンやスマートフォンを当然のように使いこなし、『情報社会』と呼ばれるまでになりました。また、SNS・インターネットなどが普及し、自分の生活圏とはかけ離れた国や地域の人とも知り合え、手軽に会話や情報の交換ができるようになりました。

しかし、その反面、現実の対人関係が希薄になり、コミュニケーション力不足が指摘されるようにもなったと思うのであります。

我々は、最先端技術【デジタル】を学んでいたからこそ、人と人とのコミュニケーション【アナログ】の大切さを実感できるのではないのでしょうか。

北海道情報大学同窓会はまだ若い同窓生ばかりで、仕事や私生活で手いっぱいの状態かと思います。だからこそ今、何をすべきなのかを考え、見極め、さらに発展していくことが我々に課せられた使命だと感じています。

同窓会は、年代・性別を超えて、北海道情報大学卒業生という絆で結ばれた人達の集団です。その人達の交流・情報交換の場であり、また後輩である在学生たちに様々な支援ができる会でありたいと考えています。

その一助として、今後はホームページの内容も更に充実させ、同窓会情報の主な発信源にしていきたいと思いますので、ぜひ、ご覧いただきますと共にご意見ご質問をお寄せいただければ幸いです。

さて、平成27年度は3年に1度の同窓会定期総会開催年度です。ぜひ皆様に同窓会の活動を理解していただき、積極的にかかわっていただけることを期待しております。

北海道情報大学 同窓会
会長 木村 篤詩